学校紹介

学校紹介

本校は、沖縄戦の戦中、戦後とも言えない動乱期の昭和20年7月、「地域の子供たちにとっては、公教育とその拠り所となる学び舎が必要である。」という地域の人々の熱い想いと献身的なご尽力で創設されました。以来70有余年、地域、保護者や行政、教育関係者等のご尽力により4000名余の卒業生を世に送り出しています。
校区内は、緑豊かな自然環境に囲まれ、文化遺産など歴史・文化史跡が多くあります。また、南側は美しい海岸景観が広がり観光地としても魅力的な地域です。今日では各学年とも単学級の小規模校になりましたが、子供たちは学年関係なく仲良く遊んでいるほほえましい姿が見られます。

学校概要

学校名 南城市立百名小学校(なんじょうしりつひゃくなしょうがっこう)
所在地 〒901-0603
TEL 098-948-1012
FAX 098-948-3946
メールアドレス hyakusyo-kyoutou@edu.city.nanjo.okinawa.jp(学校代表アドレス)
学校の概要 昭和20年7月16日創設(百名区立学校:沖縄戦中)昭和21年3月31日設立(校名:百名初等学校)
校長名 仲村 保
教頭名 城間 修司
職員数 21名

学級数・児童数

学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 支援 合計
学級数 1 1 1 1 1 1 3 9
男子 11 14 15 11 14 15 10 90
女子 12 14 13 11 13 17 2 82
合計 23 28 28 22 27 32 12 172

校章

中央にペンを形取り、その上に百名小学校の「百」を重ねたのは、勉 学にいそしむ百名健児を象徴している。
左右の稲穂は、稲の発祥地「受水走水」をあらわしている。
形は寒の中に咲く姉妹校から寄贈された中庭の桜の花を形どったものであり、その友情と将来のすばらしい開花を祈念したものである。(校章のデザインは、元本校の教諭 喜舎場米子先生です)(1957年 (昭和32)4月制定)


 

校歌

1. 東に八重の しお路わき
  朝日たださす ミントンの
  森は緑に 照り映えて
  流れも清い 浜川の
  浦田にいなほが なびいている
  私たちの 学校よ
  ゆかりも深き 百名校

2. 歴史は遠く アマミキヨが
  国を開いた 昔より
  田を植え機おり いそしんだ
  教えを世々に うけついで
  理想に生きる 村人よ
  私たちは 幸多い
  希望に満ちた 明日の子だ

3. 文化の波は うち寄せて
  よもにはばたく 時が来た
  ぼくもわたしも 肩くんで
  明るく強く 美しい
  からだと心を きたえよう
  私たちは 若たかだ
  雄々しく進め 百名校

教育目標

本校の教育目標

目標をもち 自ら学ぶ子(知)
心豊かで 決まりを守る子(徳)
健康で たくましい子(体)

めざす子ども像

(1)素直で明るく思いやりのある子
(2)気づき、考え、行動し振り返ることができる子
(3)学習の習慣が身につき、主体的に学習に取り組む子
(4)めあてを持ち、ねばり強く最後までやりぬく子
(5)規則正しい生活ができ、心身ともに健康な子

沿革

ページのトップへ